© 2016-2018 by kidlit, All Right Reserved.

October 29, 2019

 深夜のネオンを従えてロカはわたしの前に現れた。
「ね、ちょっとつきあってよ」
 探るような、釣りあがった狐の目。色素の薄いブラウンの瞳。目じりを強調する黒のアイラインと、翳りを帯びた長い睫毛。つんととがった顎をこころもち持ち上げて、わたしを見下ろす。
 彼女の気まぐれはいつものことだ。街に住みついた猫のようにふらっと、音もなくやってくる。わたしとロカの関係を一言で表すなら、「知り合いの知り合い」といったところだろうか。始まりもそんなものだった。友達の友達、に表示されたロカの写真、その画面の向こう側をちらりと盗み見見るような目線にと...

Please reload

information

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

new entry

October 29, 2019

Please reload

archive
Please reload

tag

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square